スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伯爵とロボの汝害対談・1の3

そんなこんなで第3回です。
対談の始まりは コチラ から。

えーと、今回はたぶん
「メモ」についてです。

短かったです。
ざぶーーん。



伯爵:会議は、難しいんだ…何か。
    日によっては、ピーチクパーチクやかましくてかなわん。


ロボ:あはははは、死者がたくさん出た日などは、そうなりますね。

伯爵:嘘くさい報告や、あきらかなおふざけなども含まれるな。

ロボ:初日はおふざけが多いですね。
   あれも戦略だったりするので否定はできませんが。


伯爵:そういうものか。
    そういったものを選り分けるのは面倒だ。


ロボ:そこは聞かないことにするのも立派な作戦ですとも。

伯爵:ほとんど全部信じているのだが、それで騙されているのかもしれん。

ロボ:純粋ですね…伯爵さま。

伯爵:そうだろう。

ロボ:それもいいと思います。

伯爵:じゃあどうやって判断するのだ。
    カンとか言うなよ。


ロボ:深く考えずに判断するなら、
   「死者を何人出したか」
   だけでもいいと思います。


伯爵:そうか…。
    やはりメモをきちんと取ってみるのもいいかもしれんな…。


ロボ:メモは、細かく書こうとすると混乱してしまうので
   最初は参加者の名前だけを書いて、
   その横に死者出しの人数を書いていくだけでも十分ですよ。

   ついでにブロック合戦やブロック宣言があれば、
   △などで印をつけてもいいかもしれませんね。


伯爵:それ位ならできるかもしれん。
    今までは組み合わせなどを書いていたな。
    読み返さないけどな


ロボ:組み合わせは、さらに推理をしていく場合に重要ですが…。

伯爵:多くの者は書いているだろう?
    指名・組み合わせ 投票 などを。


ロボ:全員に統計をとったわけではないので、なんとも…。
   ただ、最初からそこまでしっかりメモをとろうとしても
   ハードルが高すぎて挫折してしまうかもしれないので。

   個人的には、
   慣れたら少しずつメモの内容を増やしていくのがいいと思っていますが…。


伯爵:どうしても、部屋割りのときが一番時間があるので
    部屋割りだけこだわって書いてしまうのかもしれん。


ロボ:ああ、確かに書きやすいですよね部屋割りは。

伯爵:そう。しゃべらなくてもいい時間だしな…。

ロボ:書けるなら書いて良いと思います。
   私も書いてます。


伯爵:そ、そうか…。

ロボ:ただ、それを常に見返す事はないと思います。

伯爵:そうか、部屋割り以前に気にするところがあったと。
    それがわかっただけでも進歩かもしれん。


ロボ:そうですね、それを試していただければ、
   また違った視点で遊べるかもしれません。


伯爵:うむうむ




今回はさくっと終わりました。

次回・最終回。
「見張り」について。
雑談すぎます。
楽しかったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。